◆ハードメープル無垢材の美しい佇まい◆名古屋市 H様

CONNECTでは、北米で主に製材されるウォールナット無垢材や

ブラックチェリー無垢材と呼ばれる樹種を使用したテーブルを良く製作させていただきます。

この2つの樹種には、タンニンとよばれる成分が多くふくまれており、

この成分が、酸化することで、木材の色が変化していきます。

この変化に、人は「味わい」を深く感じ、そこから「愛着」が湧き、そのものを長く使用できます。

最近これらの樹種以外にも、「ハードメープル」 と呼ばれる木を選んでいただくことも多くなってきました。

今回ご紹介するのは、そんなシンプルな見た目に、美しい木目の佇まいを

感じられるハードメープル無垢材を使用したテーブルをご紹介します。

ぶろぐ1 ぶろぐ2

ハードメープル無垢材とは、主にカナダ東部からアメリカ北東部にかけて、生長する樹木です。

厳しい寒さのなか生育するこの樹木の木目は、乳白色で、透き通った美しさを備えています。

この美しさから、人との付き合いは長く、ピアノの枠組材やバイオリンの背板などにも使用されています。

そして、使っていくうちにこの乳白色がだんだん独特な飴色に変化するのも、

ウォールナット無垢材同様、人から長く愛されてきた理由だと思います。

今回のテーブルを納品させていただきました

H様のご家族の色に木がだんだん染まっていく様は、非常に楽しみですね。

きっと自分の家のテーブルの美しさがいつまでも記憶に残ると思います。

家族が自然と集まり、落ち着いてゆっくり過ごすのにふさわしいテーブルです。

末永くH様に使っていただけることを願っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。